三日坊主による徒然日記。ゲームの話とか日常とか。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ドラプロ】登山というか岩登りというか。
2013年09月20日 (金) | 編集 |
先週の金曜日、うっかり風邪をひきまして。
市販薬を飲んでいいものか判断がつかなかったんで、内科で漢方薬出してもらった中の人です。
ちゃんとその後、眼科で市販薬服用OKと許可を貰ったので、次回からは普通に風邪薬買いにいけます。よかったよかった。


そんなわけ(?)で、ドラプロの方もちょこっと進めました。




灼熱の砂漠・コルハラを越えて今度は雪と氷に覆われたカルナージへやってきました。
ここのモンスターは最弱でもLv60。
なのでうっかり気を抜くと軽く死ねそうな勢いですw

雪原地帯

メインクエストもぼつぼつ進めてはいるのですが、今までにも増した勢いで装備を報酬に貰うもんで。
コルハラで貰った装備が装着可能レベルに達する前に1着フルセット揃ってしまって銀行が大変なことにw

なんとかLv60になったので装備付け替えしたりしたのですが、コルハラの後半のクエストで貰える装備って一式フルではないんですね。
なので、靴は相変わらずサンドウォーカー装備ですw
次の装備セットはLv62から着られるものなので、まだまだ先は長そう…?

カルナージで最初に訪れるスネークアイ村で風邪の子供のお願いをかなえた後、再び村を訪れると元気になったその子がお友達と遊んでいました。
心温まる隠しクエスト

このクエスト、いわゆる隠しクエストで会話の分岐を進めることによって受諾できるようになるというもの。
終わった後にちょっとほっこりするような微笑ましいものではあるのですが、スノーフラのお父さんかお母さん辺りをデイリークエストで狩りまくってた身としては、ちょっと心苦しいものがあったのでしたw

スネークアイ村のクエストを一通りこなして訪れたのはメイスナー王国。
ここは巨人族と戦っているということで、帰ってこないパトロール隊の様子を見に行ったり、兵士の支援をしたりする合間にサブクエストもせっせとつぶしております。

これも隠しクエストの一コマ。雪国らしい、悲恋の物語であります。
カルナージのクエストはなんか情緒的なものが結構ありますな。
しんみり。

それと、どういうわけか登山…orz
スネークアイ村でもあったんですが、飛行型ドラゴンでも飛んでいけない高地へ登って行かないといけないというクエストが、なぜか複数ございまして。
ドラゴンの上昇限界を超えた場所なので、あとはとにかく足場を見つけてジャンプしてじりじり岩壁をよじ登っていくわけで。
足を踏み外すと、当然ずざーと落下で、落下距離が長いとダメージも食うし最悪死にます。

スネークアイ村のはトンデモ高い場所にある遺跡から誰かが手を振ってる。誰か住んでるのか確かめてきてくれってやつで、結局見つけたのは骸骨だけなんだけど、降りて報告してたら確かに手を振ってる人が見えるっていう。
続きがあるんじゃってまたえっちらおっちら登ったものの、特にクエスト発生してなくてちょっとがっかり。
これこそ隠しクエストあっても良かったんじゃ…orz

メイスナー王国付近でのクエストは、まんま登山家から出されます。しかも何か所も指定されます。
よじ登れる足場探すのにぐるぐる飛び回りすぎて、画面酔いするという罠クエストでありますorz
根性でガリガリ登ったら、対岸へドラゴンで滑空して、さらに上を目指せと言われ。
もうやり直したくないームリーと自棄気味によじ登った結果の絶景。
もう一回登れと言われても無理

とりあえずクエストアイテムゲットして降りていったら、待ち構えていた登山家さん。

いつの間にか登山家扱いになってるよ!?

いやもう、こっちはドラゴン使って登ってるし、独力で登ってるあなたには敵いませんから。
だから「また会おう」とか言わんで、もう山登りクエストはいいからマジで。

MoEでは登山も登山家も普通にいるけれども、よもやドラプロでまで登山する羽目になるとは…(==;
まあかなりしっかり足場あってあちこち登れるのは確かなんで、クエスト関係なしでも登るの好きな人は登っちゃってるうかもね…。

ところで、この登山家さんの言っていた、石壁の向こうは何もない場所だとかなんとか。
創世神がどうこう言ってたけど、それぶっちゃけマップの境k…いやなんでもない。
テーマ:Dragon's Prophet
ジャンル:オンラインゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。